みらい子育て研究所の想い

本当に豊かな子育てって、どんな子育てなんでしょうか?

 

その答えは、頭で考える「こうあるべき」ではなく、心の底からこうしたいという想いの中にあります。子どもの「こうしたい」という想いが大切にされると、その子は自分の力で豊かに育っていけます。

 

そして大人も、自分の中の「こうしたい」という想いが大切にされると、さらに豊かに成熟していけるのです。

 

私たちは大人でも子どもでも、自分で健全に育っていける智恵と力を生まれつき持っています。だから人類はこれまで何百万年もの間、命をつないできたのです。

 

しかし人類が言葉を獲得し、文明や科学技術が進歩して便利な暮らしが可能になったことで、そのマイナスの影響として、「ああすれば、こうなる」式のハウツー的な考え方が強くなりすぎてしましました。

 

その結果、子育ての場面でも、「子どもがどう感じているのか」ということよりも、「子どもに何をさせたいか/させるべきか」ということが優先されるようになりました。それが、現代の子育ての悩みや辛さの原因の多くを占めているのです。

 

みらい子育て研究所は、親と子と育児に関わる専門職の「本当はこうしたい」という思いを大切にして、皆が本来持つ智恵と力を発揮して、共に豊かに育っていけるお手伝いをさせていただきます。

和田智代の翻訳